リスティング広告Hack

リスティング広告でクリック率・広告品質が上がる広告文

リスティング広告では、広告文の出来の良し悪しは非常に重要です。

良い広告文を作成することができればクリック率を上げることができますので、より多くのクリック数を集めることができます。

クリック数が多ければあなたのサイトを見る人数が増えるということですから、売上を伸ばすことができるかどうかにも関わってきます。

また、クリック率は広告品質に大きな影響を与えますので、よりクリック率の高い広告を作成していくことでクリック単価を下げることもできます。

ではクリック率の良い広告を作成するにはどうしたらいいのでしょうか。

これからそれを解説していきます。

基本は広告グループとのマッチを意識する

Google AdWordsでは広告文は広告グループ毎に作成することができます。

その広告グループは、ある程度同じような属性のキーワードを集めて作っているはずですので、作成する広告文もその広告グループのキーワードに沿って作る必要があります。

そうすることで、検索ユーザーが検索したキーワード(検索クエリ)と、表示される広告文の関連性が高くなるのでクリック率が高くなります。

また、検索連動型広告では検索したキーワードと広告文中にあるキーワードが一致するとそのキーワードは太字になって表示されるようになっています(ディスプレイネットワーク広告は太字になりません)。

これもクリック率を高くすることができる要因の1つです。

リスティング広告文

このように、検索キーワード「豆乳 クッキー」が広告文に入っている場合は太字になって表示されます。

太字になっていると目立ちますよね。

この広告は「豆乳 クッキー」が広告文中に入っていないので周りの広告に比べて埋もれやすくなります。

これだけで他の広告に比べてかなり不利になっていることがわかると思います。

検索ネットワーク広告の強みは、ユーザーが検索したキーワードに対してピンポイントで広告を表示できることにあります。

「豆乳クッキー」のことについて興味があり「豆乳クッキー」で検索したユーザーに対しては、できるだけ「豆乳クッキー」を表記した広告を見せるようにしましょう。

検索したキーワードにマッチした広告を表示しているのですから、検索ユーザーのニーズに応えている広告ということでGoogle AdWordsの評価も高くなります。

クリック率が広告品質に影響を与えるというのはこういう理由からです。

Googleからの公式アナウンスでも、クリック率がGoogle AdWordsの広告評価の大きな基準になることは今後も変わらない、と言っています。

ですのでGoogle AdWordsに対してなるべく「検索ユーザーに対してマッチする広告を出しますよ」ということをアピールするようにしましょう。

その大きなアピールの一つが、広告文には広告グループのテーマのキーワードを入れるようにするということです。

見出しと説明行の両方に自然にキーワードを入れられればベストですが、難しい場合は見出しを優先するようにしましょう。

「電子たばこ」で試しに作成してみます。
※電子たばこは現在広告掲載ができないガイドラインになっています。

以下のような広告グループとキーワードを設定しているとします。

リスティング広告文03
「電子たばこ」「電子たばこ 激安」「電子たばこ 通販」「電子たばこ 感想」

Google AdWordsの広告タイトルは全角15文字(半角30文字)以内で作成しなければいけません。

広告本文は全角19文字×2行です。

コメントはこちら

メールアドレスが公開されることはありません。

*


次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>

]