リスティング広告Hack

リスティング広告のクリック率の目安

リスティング広告クリック率は実際にどれくらいの数値がいいのでしょうか?

Google AdWordsを例に解説します。

目安としては検索ネットワーク広告では1%以上、ディスプレイネットワーク広告では0.05%程度は欲しいです。

ただし、あくまで感覚としての平均です。この絶対値にこだわりすぎる必要はありません。検索ネットワーク広告であれば、掲載順位によってクリック率は大幅に変わるからです。

一番上位に表示されていればクリック率が良いのは当然ですし、下位に表示されていればクリック率が悪いのは当然です。つまり、「クリック率が0.5%だから悪い広告」とは決して言えないのです。

Googleもそのことは理解していて、現在では掲載順位の上位に掲載されている広告と下位に掲載されている広告で同じクリック率を要求していません。

以前までは、とにかくクリック率の良い広告が品質が良いとされていました。

その時は、とりあえず高額なクリック単価を入札して広告を上位に掲載させることによって高いクリック率をキープしてその後にクリック単価を下げるという方法が広告主の間で流行しました。

しかし、これではフェアではないということで、現在では掲載順位に見合ったクリック率を出さなければならないというルールに変わりました。ですので、一概にクリック率が何%だから良いということはいえないのです。

クリック率を上げるための努力はもちろん必要ですが、絶対的な数字で良い広告と悪い広告を判断しないようにしましょう。

コメントはこちら

メールアドレスが公開されることはありません。

*


次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>

]