リスティング広告Hack

コンバージョントラッキング時の注意

コンバージョントラッキングで注意しなければならないのは、コンバージョントラッキングで計測できるのはあくまでもサンキューページに設置したコンバージョントラッキングコードが反応した時のみです。

つまり、あなたのホームページに電話番号が掲載されており、電話で申し込みをされた分のコンバージョンについてはカウントされません。

そのため、実際の成約数とGoogle AdWordsやYahoo!リスティング広告といったリスティング広告の管理画面上のクリックスルーコンバージョン(つまり成約数)は必ずしも一致しないことがよくあります。

仮に顧客獲得単価を10000円以内を目標にしていてリスティング広告の管理画面上では顧客獲得単価「費用/クリックスルーコンバージョン」の値が10000円を超えていても実際には電話申し込みの分を考えれば10000円以内であることも十分考えられるのです。

その場合は、インターネット上からの成約数と電話での成約数の割合を計測しておきリスティング広告上での顧客獲得単価に当てはめると大体の金額が分ります。

例えば、インターネットと電話での成約比率が5:5だっとします。

この場合、例えばGoogle AdWordsでの顧客獲得単価が10000円を示していれば、実際には半分の5000円程度であると予測できます。

ただし、この手法ができるのはあくまでも、リスティング広告経由でホームページを見て電話をしてきた成約数が分るときです。

リスティング広告を出していなくても電話がよくかかってきている状態では、それがリスティング広告による成果なのかどうかは判断できませんので注意してください。

ベストな方法としてはリスティング広告に出稿しているホームページに載っている電話番号は別の番号を用意しておいて正確にカウントしておくことです。

もしくは、コンバージョントラッキングコードを設置しているページをwebサイト内のどこかに用意をしておき、電話での問い合わせ時に、お客さんにそのページを一度開いてもらうという方法もあります。

それが不可能な場合は、リスティング広告を出稿していない場合との電話本数を比較して大体の数を予測しましょう。

また、コンバージョントラッキングはcookieというものを使って計測していますが、cookieの有効期間は30日間ですので、30日を過ぎてから成約に至った場合はコンバージョントラッキングは計測できません。

また、検索ユーザーがcookieの設定を無効にしている場合も同様です。

細かい事は覚える必要はありませんが、実際の成約率=リスティング広告のコンバージョン数には必ずしもならないという事は覚えおいてください。

コメントはこちら

メールアドレスが公開されることはありません。

*


次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>

]